安心、安全な平ゴムの生産・販売 株式会社二口製紐
平ゴム、ゴム紐、織ゴム、テープ、丸紐、丸ゴムの製造販売
石川県かほく市高松サ49−66
076-281-0632
お問い合せ
ホーム HOME
ニュース NEWS
製品紹介 PRODUCT
製品見本 SAMPLE
会社案内 COMPANY
設備紹介 FACILITY
ブログ BLOG
ホームブログ
ブログ BLOG
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021.08.02
平ゴムの仲間たち
当社のメイン商品「平ゴム」
平ゴムとは、平らなゴムの総称です
最近では、この名称が認知され、検索される方が多いと認識しております

以前は当社のブログでも、織ゴムとか、編ゴムとか、製紐などで呼称していたのですが、一般の方はそんな名称は知らない

ここで言う、
「織ゴム」は、織物からできているゴム
「編ゴム」は編物製
「製紐」は組まれたものの事です

<※あくまでも個人的見解です!>
当地区には、良くも悪くも品名というか、名称というか、これといった呼び名が無かったので、それぞれの機械から出来上がったものを名称としたのではないかと思ってます

以前は、当社の商品を使って欲しいがために「織ゴム」と連呼してましたが、誰もその呼び名で検索してくれず
そうと気づくまで、相当時間が掛ってしまいました

余談ですが、今も「業界内」での通称的なものは、たくさんあります
ピコ、タック、トランクス、上タック、ムシロ、ハカタ、マイクロなどなど
分かりやすいところで、一般的な名称の「パジャマゴム」
これはパジャマの替え用に使われたゴムなので、この名称が付いたと思います
このパジャマゴムの事は、当地区では「セパレートゴム」と呼んでおります
織物から出来ている平ゴムです
タテ糸、ゴム糸にヨコ糸から出来てます
編物から出来ている平ゴムです
編物なのでループ状に形成されており、引っ張ると隙間が見れます
製紐(せいちゅう)品
糸と糸が組まれたもの
但し、引っ張ると幅が縮みます(3枚目の写真)
織物、編物、製紐とそれぞれにメリット、デメリットがあります

もちろん当社では、主力生産製品である織物から出来た平ゴムを一押し致しますが、ニーズに合った平ゴムをご提供致しますので、ぜひお問合せくださいませ!


過去に書いたブログでも詳しく書いておりますので、ぜひこちらも!!
織ゴム製造業 二口製紐(futakuchi-seichu) ブログ
http://futakuchiseichu.seesaa.net/


織ゴムやテープになるまでの道のり 〜 製織編 〜
http://futakuchiseichu.seesaa.net/index-5.html
2021.07.30
Poine〜点と線をつなぎあわせて自由に遊べるバック。
この先どうしようか分からなくなり、どうしようか悩んでいたころに

自社商品が必要なんじゃないか!
と思った時期があり、その頃(2016年)に製作したカバンがあります

商品名は、Poine(ポイネ)
POINT&LINE
点と線をつなぎあわせて自由に遊べるバック。

カバン生地には、たくさんのハトメ(穴)が打ってあります
このたくさんのハトメのおかげで、自由に紐を入れ変えることができ、手提げバックになったり、ショルダータイプやリュックタイプになったりと自由に遊べます

カバンの素材には、綿(10号帆布)を使ってます
生地のカラー展開は、ベージュ、ブラック、オレンジ、カーキの4色

紐は、再帰性反射糸を織り込んだネオンカラーのグリーン、オレンジ、ピンクの3色展開

素 材:綿、ポリエステル、ポリウレタン、真鍮、再帰性反射糸
重 量:約120g
サイズ:W230mm×H180mm×D230mm
価 格:1個5000円(税込み、送料込み)

販売は、COREZO にて
https://www.corezo-mall.com/

二口製紐COREZO店
https://www.corezo-mall.com/futakuchi/

宜しくお願い申し上げます!
2021.07.27
新定番商品〜オーガニックコットン使用 平ゴム〜
この製品、本当はもう少し早く定番商品化の予定でしたが、このコロナ禍で商品化を先延ばししておりました。

天然素材の綿糸
当社でも以前より一部で使用しております(コットンステッチテープ)
http://futakuchi.jp/product_k1541714895.html

当地区も以前には、天然繊維や短繊維などたくさん使っていたのですが、今ではほとんど使われていないと思われます。

当社も、ポリエステルの比率が約90%強で、残りはナイロン9%と綿・その他で1%ぐらいとなっております。

で、せっかく作るのであれば、こだわった方がいいと思い、オーガニックコットンを使うことにしました。

綿使いのお話は以前からもあったのですが、諸問題があり、断念というか頭にありませんでした。

昨今の「オーガニックコットンブーム」も一因ではありましたが、ある展示会で綿使いの平ゴムを探されている方とお話をする機会があり、ニッチだけど需要もあると思い、生産することにしました。

とはいえ、綿糸
ホコリも出るし、糸も切れやすく、作業効率も悪い(※当社比)

以前、綿のメッチャ細い糸で、包帯を生産していたことがあり、その時に苦労した思いもあったので

利点とすれば、綿の持つタッチや風合い、肌さわりがとても良い
また、化学繊維アレルギーを持たれている方への提案も可能となります。

反面デメリットも勿論あり、使用用途、部位などによって違いはあると思われますが、当社は平ゴムなので、ウエスト部分に使われることを第一に想定しております。
もちろんのこと、家庭洗濯は可能ですので、洗濯は出来ますが、乾きが悪いのと、縮みが生じると思われます。
縮みですが、オーガニックコットン素材で約7%前後(平均値)、ポリエステル素材は約1〜2%程度です。(※当社ポリエステル素材比)
下記は、それぞれの速乾性についての試験結果です。
素材の差は歴然ですが
このように、デメリットが目につきますが、それ以上に得れる所があると思っております。

サイズ(幅)展開ですが、当初20mm、25mm、30mmだけでしたが、15mmと35mmを追加するかもしれません。
もちろん、他のサイズもご対応できます!(応相談となりますが)

伸度も約2.8〜2.9倍ぐらいありますので、≪締め付けすぎない、着圧のゆるい平ゴム≫となっております。

ぜひ一度、お試しくださいませ!
2021.07.26
ボタンホールゴム
今日は当社の製品ではないのですが、当社でも長年販売している製品の紹介です。

ボタンホールゴム(別名:アジャスターゴム)とよばれている平ゴム
製品の真ん中部分に規則的に穴が開いております
マタニティや、子供用ジーンズなどのウエスト部分に使われることが多いのですが、名のごとくサイズが調節できますので、色々と他に使い道があると思われます
穴の大きさは写真のようなかんじです。
中にゴムが入っているので、通常時と伸ばした時の穴の大きさは違います
<織物タイプ>と<編物タイプ>の2つの種類があります

まず、<織物タイプ>ですが
素材は
「ポリエステル&天然ゴム」タイプと、
「ポリエステル&ポリウレタン」タイプの2種類があります

「天然ゴムタイプ」
サイズ(幅)は、15mm、20mm、25mmの3サイズ
カラーは、白と黒の2色

「ポリウレタンタイプ」
サイズ(幅)は、20mm、25mmの2サイズ
カラーは、白と黒の2色となります
次に<編物タイプ>ですが、
素材は
「ポリエステル&ポリウレタン」タイプの1種類です

サイズ(幅)は、15mm、18mm、21mm、25mmの4サイズ
カラーは、白と黒の2色となります
なお、編物タイプは在庫が少ないので、若干納期が掛かる可能性がございますので、先にお問合せを頂けましたら幸いです
2021.06.18
アップサイクル〜廃棄処分の平ゴムを使って part.3〜
part.1からの続きです。

前回はくれよんで描いたバージョンのお話でしたが、今回は別バージョンでのお話です。

今回使用したのは、エポックケミカルさんの水性ペン「ぬのペンを使って描いてみました。」
この「ぬのペン」も、くれよん同様、絵や文字などを描き、アイロンで熱を加えると、描かれたものが染色されるという優れものです。
またまた前回と同様となりますが、当社の平ゴムはポリエステル製
染色適正の目安(使用される素材)というものがあり、ポリエステルは△マークでした。

工作部部員に描絵→アイロン処理→洗濯→乾燥→色落ち確認の依頼をし、結果は〇でした。
※あくまでも当社での実験結果ですので!

株式会社エポックケミカルさまの「ぬのペン12本セット」
https://www.epoch-chemical.jp/original/nuno/nuno01.html


二口製紐工作部Instagram
https://www.instagram.com/futakuchi.seichu.kousakubu/

二口製紐Instagram
https://www.instagram.com/futakuchi.seichu/
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最近の投稿
テーマ
商品紹介 ( 19 )
お知らせ ( 6 )
イベント ( 3 )
その他 ( 13 )
エコテックス ( 1 )
製織編 ( 2 )
平ゴム ( 4 )
細巾織物 ( 2 )
ニードル織機 ( 1 )
仕上げ加工場 ( 1 )
平ゴム使用用途 ( 4 )
© 2017 futakuchi.jp All Rights Reserved.